HOME > 道の駅を見る > オホーツク > オホーツク紋別
HOME > 道の駅を見る > オホーツク > オホーツク紋別

オホーツク紋別 オホーツク

見て、触れて、学んで、北海道を満喫。真夏でもマイナス20度の厳寒体験ができる流氷科学センターが道の駅案内所です。

22紋別市カントリーサイン
【紋別市HP】

住所 紋別市元紋別11番(道道紋別港線沿い)
TEL (0158)23-5400
休館日 毎週月曜日(祝日除く)
年末年始(12/29〜1/3)
無休無休(1/4~3/31)
開館時間 9:00~17:00
スタンプ
押印時間
開館時間に同じ※休館日は押せません
登録年月日 平成7年4月11日(1995年)【登録番号22】
  • 道の駅オホーツク紋別facebookバナー-01
  • 北海道地区道路情報バナー
  • 道路交通情報バナー

オホーツク紋別からのお知らせInformation from MICHI-NO-EKI

道の駅の紹介

オホーツク海が見渡せる、紋別の海洋レジャー地区・ガリヤゾーンに位置する道の駅オホーツク紋別。見どころは「流氷」をキーワードに展開するさまざまな体験施設です。実際に流氷がオホーツク海に押し寄せるのは、1月下旬ですが(年によって変化)、道の駅のメイン施設の流氷科学センターでは、真夏でもマイナス20度の厳寒体験室で本物の流氷にさわれます。オホーツクの雄大な自然の大型映像やいろいろな展示もあります。また周辺には、海底約7.5mから流氷や魚等がのぞける施設を有する新名所・オホーツクタワー、人工海水浴場、流氷公園、さらにサウナやウォータースライダー、トレーニングルームを有するオホーツク健康プール「ステア」があります。

エントランスホール

流氷やオホーツク海をイメージさせるレリーフが飾られているホール。ここでは、北緯45度ラインの各都市の気候や風俗を、民族衣装を着た人形が紹介しています。

アストロビジョン

様々な視点から見たオホーツクの雄大な自然を臨場感たっぷりに、迫力満点の大型全天周スクリーンに映し出します。

展示室

流氷の誕生の様子がわかるパネルや映像、ガリンコ号の模型など、楽しく流氷について学べる展示施設です。

厳寒体験室

真夏でも防寒服を着込んでマイナス20度の寒さが味わえます。

おみやげ&カフェテラス  喫茶コーナー「流氷里(ふるさと)」

売店と喫茶を兼ねたコーナーで、入口右手にあります。いくらがたっぷりのった「いくら丼」やコーヒーをはじめ、流氷をイメージしたジュース、アイスクリームもあります。

周辺見どころガイド

氷海展望塔 オホーツクタワー

春~秋:夜の海底は必見。オホーツク海の凝縮された食物連鎖を見ることができる。
冬:洋上と海底から流氷観察。

ガリンコ号Ⅱ

夏:オホーツク海ならではのホタテ漁ウォッチングや釣り体験ができる。
冬:流氷原を巨大なドリルでガリガリ砕きながら探検。

流氷岬の四季

冬:流氷に覆われたオホーツク海。
夏:緑が彩るオホーツクブルーの空。

お問い合わせ:紋別市観光協会 TEL:0158-24-3900、紋別市役所観光課 TEL:0158-24-2111、ガリンコ号ステーション TEL:0158-24-8000、氷海展望塔オホーツクタワー TEL:0158-24-8000

食べる

グルメ情報準備中

おみやげ

おみやげ情報準備中

  • 駐車場
  • トイレ
  • 身障者用トイレ
  • ウォシュレット
  • オストメイト
  • インフォ
    メーション
  • 電話
  • 喫茶・軽食
  • ショップ
  • 無料休憩所
  • 体験施設
  • 博物館・美術館
  • 授乳室&
    おむつ交換台
  • AED
  • Wi-Fi
  • 801 585 161

アクセスAccess

GoogleMapで見る

Print Friendly, PDF & Email印刷する
ページトップへ