北海道地区「道の駅」連絡会北海道「北の道の駅」 写真提供:素敵な北の道
「北の道の駅」TOP > 阿寒丹頂の里
「あかんランド丹頂の里」や「釧路市阿寒国際ツルセンター」の中央に位置し、阿寒観光の拠点となる道の駅。

●「丹頂の里 赤いベレー」のホームページへ
●阿寒国立公園
●オンネトー雄阿寒岳阿寒富士
パーキング トイレ 身障者用設備 温水洗浄便座 電話 店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 無料休憩所 インフォメーション AED 公園 ベビーベッド 展望台
博物館・美術館 温泉 運動場 宿泊施設 キャンプ場等 ガソリンスタンド シャワー ファックス 一般利用インターネット 無線LAN接続 ポスト 体験施設 マリーナ その他
12月12日(金)〜14日(日)予定 第43回くしろ物産まつり
「マリモ国道」と呼ばれる国道240号に面し、阿寒国立公園の入口にある道の駅です。周辺には丹頂観察ができる「釧路市阿寒国際ツルセンター」や、テニス、キャンプ場、パークゴルフ場、サイクルパーク、保養センターなどのスポーツ施設が揃っている「あかんランド丹頂の里」があり、1年を通じてたくさんの観光客が訪れています。

アート農園
阿寒地域は、あかんランド宿泊保養施設赤いベレー、野営場、道の駅阿寒丹頂の里、国際ツルセンターを中心に、市民や観光客の憩いの場及び学習の場として利用されています。
今年度は、赤いベレー及び道の駅周辺の環境美化を行い、掘り取りや農業体験ができるアート農園を作りました。今後も、市民や観光客の皆様が気軽に利用できる観光拠点づくりのための整備を行って参ります。
(写真:自衛隊提供)

インフォメーションセンター丹頂の里
丹頂グッズがいっぱい。木彫やガラスの丹頂の置き物や絵はがき、丹頂をあしらった様々なお菓子などが展示販売されています。

天窓
道の駅の通路上部は天窓になっていて、とても明るい。その天窓を見上げると、木製のツルが陽の光を浴びて飛翔している姿が。

釧路市阿寒国際ツルセンター「グルス」
タンチョウの生態や行動などの基本的な研究を行って、その成果をタンチョウの保護に役立てていくための施設です。野外飼育場やタンチョウ観察センターのほか、展示コーナー、映像コーナー、レクチャールーム、資料図書室など、タンチョウを詳しく知るための設備が充実しています。
問い合わせ先:
0154-66-4011
入場料:
大人400円、小人200円
団体料金(15名以上)大人300円、小人150円 (その他本館・分館ともに年間券あり)
開館時間:
9:00〜17:00
休 館 日:
4/1〜10/31まで毎週月曜日、11/1〜3/31まで無休
おみやげ:
丹頂の絵葉書や書籍など

お問い合わせ:
釧路市阿寒町行政センター観光課(0154)67-2505
阿寒観光協会(0154)67-2254
      阿寒湖温泉観光案内所(0154)67-3200
      テレフォンサービス(0154)67-3300
     (財)自然公園美化管理財団
     (0154)67-2785
●あかんランド 丹頂の里
保養センター「赤いベレー」、炭砿と鉄道資料館、自転車の貸出もあるサイクルパーク、18ホールのパークゴルフ場、テニスコート、キャンプ場など、温泉とスポーツ施設が一体となった、遊び方自由自在のアウトドア天国。からだ1つで1日中、1年中遊べます。

●釧路湿原美術館
「湿原の画家」として釧路湿原を描き続けた故佐々木栄松氏の遺作を集めて展示する釧路湿原美術館が、平成25年6月15日にオープンします。
美術館は、国道240号沿いの道の駅阿寒丹頂の里、タンチョウが飛来する阿寒国際ツルセンターに隣接し、平成27年度には阿寒インターチェンジが建設され、北海道横断自動車道(道東道)が開通する予定です。
写真
周辺マップ
アクセスマップ
道の駅まで/からの距離と時間検索|北の道ナビ
道内各地から道の駅まで
この駅を起点にして

●今日のイベント
●イベント予定表
●イベント検索

●釧路市のホームページへ
●釧路開発建設部
●北の道ナビ(道路情報)
路線名
国道240号沿い
メイン施設 阿寒丹頂の里
所在地 釧路市阿寒町上阿寒23線38番地
電 話 (0154)66-2969
FAX (0154)66-2969
休館日 年末年始(12/31〜1/3)
開館時間 9:00〜17:00

北の道の駅のトップへ

施設のご案内