北海道地区「道の駅」連絡会北海道「北の道の駅」 写真提供:素敵な北の道
「北の道の駅」TOP > 縄文ロマン 南かやべ

太平洋を望む、縄文文化かおる地に国内唯一の国宝のある「道の駅」が誕生!


●函館市縄文文化交流センターのホームページへ
●函館市公式観光情報サイトはこぶらのホームページへ

●南茅部町の縄文遺跡群
パーキング トイレ 身障者用設備 温水洗浄便座 電話 店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 無料休憩所 インフォメーション AED 公園 ベビーベッド 展望台 博物館・美術館
温泉 運動場 宿泊施設 キャンプ場等 ガソリンスタンド シャワー ファックス 一般利用インターネット ポスト 体験施設 電気自動車充電スタンド クレジットカード利用可 ドッグラン その他
函館市南茅部地域は、資源豊かな海と山に囲まれ、縄文時代早期から晩期にかけて約7千年 もの間、連綿と縄文文化が栄えていました。発掘された遺跡からは、当時の人々の暮らしを物語る貴重な遺物が多数出土されています。国道278号バイパスに隣接する道の駅「縄文ロマン 南かやべ」は、国宝「中空土偶」をはじめ地域の貴重な縄文文化遺産を展示公開する「函館市縄文文化交流センター」をメイン施設とし、国内唯一の国宝のある「道の駅」として地域の魅力を発信していきます。

縄文文化交流センター 
縄文時代の貴重な遺物を展示するほか、ミニチュア土器やアクセサリーづくりなどの体験など、縄文文化を楽しく学び体験できる施設です。

国宝「中空土偶」
縄文文化交流センターで常設展示される北海道唯一の国宝。

お問い合わせ:
函館市教育委員会文化財課
(0138)21-3472
函館市南茅部支所産業建設課
(0138)25-5118
●史跡大船遺跡
縄文時代中期(約5,500〜4,000年前)を中心とした大規模な集落跡です。遺跡は現在,竪穴住居や盛土遺構を復元している'縄文のにわ'、植樹活動を行い当時の環境の再現を目指している'縄文の森'や体験学習広場を整備しており、自由に見学することができます。

●函館市南かやべ保養センター
内風呂のほか泡風呂や露天風呂を備えた温泉保養施設。
日帰り温泉の露天風呂の湯は乳白色の硫黄泉で、源泉からのかけ流しの天然温泉です。
写真
周辺マップ
アクセスマップ
道の駅まで/からの距離と時間検索|北の道ナビ
道内各地から道の駅まで
この駅を起点にして

●今日のイベント
●イベント予定表
●イベント検索

●函館市南茅部支所のホームページへ
●函館市のホームページへ
●函館開発建設部
●北の道ナビ(道路情報)
路線名
国道278号尾札部道路沿い
メイン施設 函館市縄文文化交流センター
所在地 函館市臼尻町551番地1
電 話 (0138)25-2030
FAX (0138)25-2033
休館日 毎週月曜日
※月曜日が祝日の時は翌平日
毎月最終金曜日
年末年始(12/29〜1/3)
開館時間 9:00〜17:00(4〜10月)
9:00〜16:30(11〜3月)
スタンプ押印時間 24時間毎日押印可能

北の道の駅のトップへ

施設のご案内