北海道地区「道の駅」連絡会北海道「北の道の駅」 写真提供:素敵な北の道
「北の道の駅」TOP > おだいとう
おだいとう

●奥行臼駅逓(北海道指定文化財)
●走古丹原生花園
●新酪農村展望台
●野付半島と打瀬舟
パーキング トイレ 身障者用設備 温水洗浄便座 電話 店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 無料休憩所 インフォメーション AED 公園 ベビーベッド 展望台 博物館・美術館
温泉 運動場 宿泊施設 キャンプ場等 ガソリンスタンド シャワー ファックス 一般利用インターネット ポスト 体験施設 電気自動車充電スタンド クレジットカード利用可 ドッグラン その他
道の駅「おだいとう」は、国道244号沿い別海町尾岱沼中心から約3kmに位置し、冬から春にかけて数百羽の白鳥が飛来する「白鳥台」に隣接し、敷地内には北方領土返還を願い建設された「叫びの像」「別海北方展望塔」があります。展望塔からは、野付半島の豊かな自然や国後島を一望できます。

北方展望塔レストラン
展望塔1階のレストランでは、地元尾岱沼産のぷりぷりとした「ジャンボホタテ」などを 使用した料理をご賞味いただけます。

北方展望塔展示室・展望室
展望塔2階は展示室となっており、北方領土の歴史や返還に向けた過去からの取り組みなどを、 映像・パネルで見ることができます。3階には、北方領土の自然・暮らしのパネルが展示され、設置されている 望遠鏡で野付半島、国後島を見ることができます。

叫びの像「四島への道 叫び」
像は「たとえ何代かかっても取り戻す」という気持ちを表すため、老女が息子、孫を両脇に従え、すさまじい迫力で「返せ」と叫ぶ姿が描かれています。
高さ2.4メートルの像の先には、北方四島をイメージした高さ15mの4本のポールがそそり立ちます。像とポールの間の距離は、野付半島から国後島までの最短距離16kmにちなんで16mとなっています。

●野付半島
野付半島は、全長26キロメートルの日本最大の砂嘴(さし)です。その大部分は、砂丘草原と湿地原であり、トドワラ・ナラワラの荒涼とした風景と原生花園の美しい風景が混在する特異な景観が魅力です。平成16年に「北海道遺産」認定、平成17年には「ラムサール条約登録湿地」に登録されています。

●打瀬舟
打瀬舟は、野付湾で春と秋に行われる「北海シマエビ」漁に使用されている舟です。北海シマエビの住処であり、餌となる藻を傷つけないように三角帆に風を受け行われる漁法は、江戸時代から続く伝統漁法といわれています。打瀬舟は、野付湾の風物詩として平成16年に「北海道遺産」に登録されています。
写真
周辺マップ
アクセスマップ
道の駅まで/からの距離と時間検索|北の道ナビ
道内各地から道の駅まで
この駅を起点にして

●今日のイベント
●イベント予定表
●イベント検索

●別海町のホームページへ
●釧路開発建設部
●北の道ナビ(道路情報)
路線名
国道244号沿い
メイン施設 別海北方展望塔
所在地 野付郡別海町尾岱沼5番地27
電 話 (0153)86-2449
休館日 年末年始(12/30〜1/3)
レストラン・展示・展望室:
月曜日(11〜4月)
※月曜日が祝日の時は翌日
開館時間 9:00〜17:00(5〜10月)
9:00〜16:00(11〜4月)

北の道の駅のトップへ

施設のご案内