北海道地区「道の駅」連絡会北海道「北の道の駅」 写真提供:素敵な北の道
「北の道の駅」TOP > 流氷街道網走
流氷街道網走

オホーツク海と知床を望む観光と交流の拠点

●流氷観光砕氷船おーろら
●博物館網走監獄
パーキング トイレ 身障者用設備 温水洗浄便座 電話 店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 無料休憩所 インフォメーション AED 公園 ベビーベッド 展望台 博物館・美術館
温泉 運動場 宿泊施設 キャンプ場等 ガソリンスタンド シャワー ファックス 一般利用インターネット ポスト 体験施設 電気自動車充電スタンド クレジットカード利用可 ドッグラン その他
 カモメが飛びかい、漁船が行きかう網走川河口に位置し、オホーツク海や知床半島を一望できる道の駅「流氷街道網走」。観光情報を始めとした地域の多様な情報発信や、地元の農水産加工品の販売などを行っており、冬期間は流氷砕氷船「おーろら」の発着場として流氷観光の拠点にもなります。また、市内には「オホーツク流氷館」「博物館網走監獄」など多くの観光スポットがあります。

観光案内所
観光のまち「網走」のすべてがここでわかる、まさに「情報ステーション」。観光情報のほか、イベント情報、グルメ情報、宿泊手配など、網走へ来たらまずここで情報をゲット。隣の「情報コーナー」ではパソコンによる各種地域情報の検索や、冬期間は衛星による流氷情報もお知らせしています。

地元特産品販売コーナー
流氷の海をイメージしたコーナーで、網走プリンやチーズ小僧など、網走の特産品をメインに土産品を充実させています。農水産加工品や銘菓のほかにも、網走刑務所で製作された「三眺焼」の花瓶やペアの湯飲み、道の駅グッズ、「おーろら」グッズなども取りそろえています。

テイクアウトコーナー
ここでは「鮭ちゃんちゃん焼き饅頭」「網走ザンギ饅頭」など、網走の新しい特産品をできたてで提供します。また、網走産牛乳を使用したソフトクリームをはじめ、限定の流氷ソフトクリームを楽しむことができます。

多目的交流スペース
お客様の休憩やイベントの開催などに使用される多目的スペースで、網走ならではの活きの良い食材を揃えた地元農水産物直売コーナーなど地域活性化の一端を担っている場所でもあります。

2階休憩・飲食コーナー
昭和の時代に様々な映画の舞台となった網走を現代に再現した、懐かしくも新鮮な空間になっており、自由に休憩できるほか、地元の食材を使った料理を楽しめます。ご当地グルメ「網走ザンギ丼」や「あばしりちゃんぽん」、オホーツク海の流氷をモチーフにした「流氷カリー」など、ここでしか味わうことのできない料理を取り揃えています。

●フラワーガーデン「はな・てんと」
天都山山頂のレークビュースキー場の一角にあり、網走湖を望む天都山を花いっぱいにし、新しい観光名所として、また市民の憩いの場として親しまれています。「アドプト・プログラム」により、市民の方々の手によって整備されています。(見頃:8月下旬〜10月上旬)
お問い合わせ先・・・網走市観光課観光振興係 TEL(0152)44-6111
ホームページ・・・http://abashiri.jp/adopted/

●天都山展望台・オホーツク流氷館
流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設です。2015年8月1日にグランドオープンしました。
北海道最大級の常設プロジェクションマッピングが楽しめるほか、「流氷幻想シアター」では、正面・上下・左右に展開する大迫力の5面シアターで流氷の映像や流氷の下で生きる生き物、自然の臨場感あふれる映像をご覧いただけます。
また、マイナス15度の「流氷体感テラス」では、本物の流氷を100t展示しています。

屋上の「天都山展望台」では、オホーツク海、網走湖、能取湖、濤沸湖、藻琴湖、知床連山の360度の雄大な絶景を望むことができます。

夏期開館時間(5月〜10月)・・・8:30〜18:00
冬期開館時間(11月〜4月)・・・9:00〜16:30
年中無休 ※年末年始(12月29日〜1月5日)は10:00〜15:00
入場料・・・大人750円 高校生640円 小・中学生540円(団体割引あり)
お問い合わせ先・・・オホーツク流氷館 網走市天都山245-1
TEL(0152)43-5951
ホームページ・・・http://www.ryuhyokan.com/

●博物館網走監獄
天都山の中腹にあり、明治時代から実際に網走刑務所で使用されてきた建物を保存公開している野外博物館です。
イベントや体験講座も盛りだくさんに楽しめ、網走刑務所収容者が作った作業製品もお土産として購入できます。

夏期営業(4月〜10月)・・・8:00〜18:00
冬期営業(11月〜3月)・・・9:00〜17:00
休館日・・・なし(年中無休)
入場料・・・大人1,050円 大学・高校生730円 小・中学生520円
(団体割引・福祉料金・網走市民割引あり)
お問い合わせ先・・・網走監獄保存財団 網走市呼人1-1
TEL(0152)45-2411
ホームページ・・・http://www.kangoku.jp/

●北海道立北方民族博物館
グリーンランドからスカンジナビアに住む北方民族をテーマにした世界的にも珍しい民族博物館。展示品の内容や充実度は目を見張ります。

開館時間・・・ 午前9時30分〜午後4時30分
休館日・・・ 月曜日、(ただし祝日は開館)、年末年始、臨時休館有り
入館料・・・ ・小中学生、65歳以上は無料
一般450円、高校生大学生150円
(10名以上の団体の場合、一般360円、
高校生大学生120円)
お問合せ先・・・ 北海道立北方民族博物館
093-0042
  網走市字潮見309-1
  TEL(0152)45-3888
ホームページ・・・ http://hoppohm.org/
 

●能取湖サンゴ草群落
網走市卯原内の能取湖畔には国内最大規模のサンゴ草群生地があり、9月上旬から10月上旬にかけて、一面に赤い絨毯をひいたような光景がみられます。
毎年9月の第3日曜日には「サンゴ草まつり」が開催されます。
お問い合わせ先・・・卯原内観光協会 網走市卯原内60-3「かがり屋」内
TEL(0152)47-2301

●流氷観光砕氷船「おーろら」

冬になるとオホーツク海は真っ白な流氷に埋め尽くされます。
白銀の氷原を割りながら進む「おーろら」は大迫力で、流氷を身近に体験できます。(「道の駅」前の網走川から運行)

運航期間・・・毎年1/20〜3/31(運行時間はお問い合わせ下さい)
乗船料金・・・大人3,300円・小学生1,650円(団体割引あり)
お問い合わせ先・・・道東観光開発梶@網走市南3条東4丁目
TEL(0152)43-6000
ホームページ・・・http://www.ms-aurora.com/
写真
周辺マップ
アクセスマップ
道の駅まで/からの距離と時間検索|北の道ナビ
道内各地から道の駅まで
この駅を起点にして

●今日のイベント
●イベント予定表
●イベント検索

●網走市ホームページへ
●網走開発建設部
●北の道ナビ(道路情報)
路線名 道道網走港線沿い
メイン施設 みなと観光交流センター
所在地 網走市南3条東4丁目
電 話 (0152)67-5007
FAX (0152)44-5844
休館日 年末年始(12/31〜1/1)
開館時間 9:00〜18:30
観光案内所:9:00〜18:00
地元特産品販売コーナー:
9:00〜18:30
テイクアウトコーナー:
10:00〜17:30
休憩・飲食コーナー:
11:00〜16:30
スタンプ
押印時間
9:00〜18:30

北の道の駅のトップへ

施設のご案内